薬を飲んでいる女性

女性の中にも多毛症で悩んでいる方は多くいます。体内では副腎にて男性ホルモンが分泌されていて、これは体において1つの重要な要素でもあります。しかしながら、この男性ホルモンの分泌量が多くなると多毛症などといった症状を引き起こします。男性ホルモンを原因とする女性の多毛症は男性型多毛症と呼ばれます。さらに男性ホルモンによってニキビができやすくなったり、生理痛になったりすることもあります。この症状を改善するためにピルを飲むことは有効です。

ピルにはエストロゲンとプロゲステロンが配合されています。ピルを服用することにより、この2つの成分が働くことで排卵が抑制されます。これはエストロゲンやプロゲステロンが体内に入ることにより、血中での女性ホルモン濃度が上がることと関係しています。血中の女性ホルモン濃度が上がると脳は排卵が行われたものと勘違いします。そのため、排卵がストップすることになります。その結果、避妊などの作用が生まれることはよく知られていますが、実は多毛症の改善にも繋がります。ピルに配合されている女性ホルモンには男性ホルモンに対して抑制的に働きます。これにより、男性ホルモンの動きが妨げられます。これが多毛症の改善に繋がります。その他、ニキビの改善や生理痛の緩和といった効果もあります。

ピルによる多毛症の改善は緩やかに実現するものであり、急激な体質の変化をもたらすものではありません。それゆえに多毛症をローリスクで改善できると言えるでしょうピルを服用し始めたころはホルモンバランスが少し変化するので体が驚くこともありますが、継続的に服用する体が徐々に慣れていきます。ただし、ピルによって多毛症が改善するのは男性ホルモンを原因としている時であり、他に理由がある場合には改善できない可能性もあるので注意しておきましょう。原因が分からない時は病院で検査を受けることが有効となります。

生まれつき多毛という方もおられます。その場合でも男性ホルモンが原因となっていることが多く、ピルを使用することで改善を試みることが出来ます。ただし、卵巣の病気や脳に関する病などによって多毛の症状が出ている場合には、専門の治療を受ける必要があります。心配な場合は念のため病院の診察を受けることも重要と言えるでしょう。
避妊や生理不順の改善などを目的としていてピルを服用していたら、多毛の症状も徐々に治ったというケースもあります。