緊急避妊でアフターピルを服用する際の注意点|行為後72時間以内が勝負!

2020年05月10日

ピルは基本的に事前に飲む必要がありますが、緊急避妊のtめに性交後に飲むピルもあります。そのピルはアフターピルと呼ばれており、産婦人科や婦人科でも必要に応じて処方されています。アフターピルを服用すると約80%の確率で妊娠を防ぐことが出来ます。ただし、72時間以内に服用をすることが条件となっている点に注意しておきましょう。その際のピルには子宮内膜の状態を変化させる効果があり、これが緊急避妊に繋がります。

アフターピルにはいくつかの注意点があります。その1つは確実な避妊手段ではないということです。アフターピルを適切に服用したとしても、約20%の方は妊娠することになります。妊娠をどうしても回避したいということであれば、事前のピル服用が重要となります。2つ目の注意点は副作用があるということです。アフターピルは通常のピルよりも即効性が高くなるように配合されている特徴がありますが、その分副作用も大きくなってしまうので注意が必要です。

アフターピルの副作用としては気分不快、嘔吐、不正性器出血などが挙げられます。気分不快は最も多くみられる副作用であり、ホルモンバランスが変化することによって起こります。アフターピルの副作用としては一般的な症状であり、軽度であれば問題はありませんが、症状が重くなった場合には医師の診断を受けることが大切です。

アフターピルを所有していない場合は性交後に購入する必要があります。しかし、72時間以上が経過してしまった場合にはピルを使っても避妊できない可能性が高いので注意しておきましょう。万が一に備えてあらかじめ購入しておくことも有効です。日本では認められているピルがいくつか存在しており、そちらを病院で購入することが出来ます。保険が適用されないのである程度高額な費用が必要となるケースも存在するので注意しておきましょう。事前に個人輸入通販サイトなどで購入しておくと安心です。

通常のピルを日常的に服用している場合はアフターピルを服用する必要がありません。効果が重なってしまうと副作用なのが危険になるため、過剰服用などにも気を付けておきましょう。コンドームが破れてしまうなど、想定外の状況においてアフターピルがよく使用されます。確実ではありませんが、何もしないのに比べると避妊率が高くなるので緊急手段としては選択する意味があると言えるでしょう。服用の間隔などを間違えると効果が減ることにも注意が必要です。